最新情報

松本市行政からご依頼いただきました遺品整理でした。ご依頼主様の諸事情により自宅に帰ることが出来なくなってしまったので、ということでした。
高齢化の現代が抱える現実を考えさせられました。まさか、もう自宅に帰れないなんて、という思いはご本人様にしか感じられない寂しさがあることと思います。人生のほとんどを過ごされたご自宅を、こういった形で整理される、切ないです。
それでも、思い出の深そうなものについては行政の担当の方にお渡しし、見て頂くようお願いいたしました。ご依頼主様からの「これを見つけて欲しい、取っておいて欲しい」と、何点かご指示を頂いておりましたので、ご希望に添って整理いたしました。ご帰...

詳細

遺品整理のアンケートを頂きました。
このように、私達の作業を評価いただけること、いつも恐縮しております。
個人的な空間にお邪魔し、遺品に触れさせていただくことに、いつも気持ちが引き締まります。大切な品物が見つかった時は「思い出」を見つけたような気がして感動を覚えるくらいです。
施主様からのアンケートは常にスタッフで共有し、さらに心を込めたお手伝いが出来るよう精進して参りたいと思います。
ありがとうございました。

松本市内で遺品整理のご依頼をいただきました。残される物と処分をご希望の物とがあり、施主様より指示を頂き作業させて頂きました。毎回思うのですが、家にはそのご家族の歴史がいたるところに垣間見えます。物だけではなく、壁や棚、扉など、生活の全てがそこにあったことを感じます。
今回のお宅では、壁にある画びょうや釘です。絵を飾っていた跡や、飾りを掛けていた跡など、思わず手を這わせてしまう壁に、感慨深く感じるものがありました。
お家は残され、リフォームのご予定があると伺い、さらにうれしく思いました。姿、形が変わったとしても、そこには思いが残ります。
そこから新たに始まるという「遺品整理」は私達スタッフ...

詳細

先日、松本市地域包括支援センター様主催の
「身寄りのない高齢者へのサポート」というテーマで
各分野の専門家が議論する場に参加してきました。
私は「遺品整理士」と「葬祭ディレクター」という立場で
意見を述べさせて頂きました。
実際に介護従事者が抱えているケースをテーマに
地域として、その課題をどう解決していくか、そこには
法律や対象者の心情、生活環境などが複雑に絡み合い、
とても繊細で難しい課題であると実感しました。
しかしながら、今後日本全体でみても、この問題は
とても重大で、切実です。
私達にとっても、正面から、真摯に向き合い、共に解決
していかなければばりません。
様々な業種と連携を...

詳細

昨年、弊社家族葬ホールはなのべでご葬儀をされたI様より、
お亡くなりになられたご主人様のご生前のお仕事場である
木型工房の遺品整理のご依頼を頂きました。
お打合せの際、ご生前のお話しを伺うと、
こちらの工房で半世紀に渡り、大変熱心にお仕事に
励まれたとのことでした。
時には工房で寝泊まりされ、朝、帰宅後朝食を召し上がり、
また工房に戻るといった、昼夜に問わずお仕事を愛しておられた
とのことでした。
人生の半分以上を共にしてきた場所、ここで様々な
想い出がうまれたことと思います。そんな思いの
ある場所に幕を下ろすことは奥様にとっても寂しく、
心もとないお気持ちになられることと思います。
そ...

詳細

【福祉整理】
度々ニュースでも話題になる高齢者の一人暮らし、増えています。そして急遽介護施設や病院へ移らなくてはならないという現実。

また、自宅で介護や療養の際、身の回りの物を整理しなくては、介護ベッドや介護用品の設置が出来ない、というケースも多いです。

今回のご依頼は行政からの、上記の状態からのご利用でした。
「一人暮らしの高齢者」対策というのは、地域全体で考えていく問題であり、私達にとっても
これからの課題となり、考えさせられるご依頼となりました。

M様よりアンケートを頂戴いたしました。
これからも、ご遺族のお気持ちに添った遺品整理のお手伝いを心がけていきたいと思います。長野県松本市から始まり、中信地区からのお問合せを頂く事が増えてまいりました。どうぞ、お気軽にお問合せください。

長野県安曇野市のM様宅の遺品整理に伺いました。施主様お1人で片付けを始められたようでしたが、物量の多さにお困りのところ、ご連絡いただきました。
それぞれに新しい生活の拠点がある中での、実家の整理ということで、精神的にも時間的にもかなりご苦労されたようでした。
そんな負担を少しでも減らすことができれば、と、一生懸命お手伝いさせて頂きました。

安曇野市穂高にある有料老人施設様よりご依頼いただきました。施設内のお部屋の遺品整理でした。
身寄りがなく、近親者もいらっしゃらない方でどうしようかと悩まれていたそうです。
聞くと、同じように身寄りのない施設利用者は多い、ということでした。
せつないです。
常日頃、心に思うのは、「作業」にならないこと。まったくの他人ですが、自分の生活をしていた場に踏み込むわけですから、故人であっても良い気持ちではないはずです。
残されたご家族はもちろんですが、故人に対しても敬意をもってお手伝いさせて頂きたいと思っています。


サービス

遺品整理

  • 遺品整理

    ご家族が亡くなった後、ご遺族が直面するのが遺品の取り扱いです。全て残す訳にはいきませんし、簡単に処分できるものでもありません。大切に、丁寧に、故人に敬意を持ってご案内いたします。
  • 生前整理

    自分の死後に残された家族が、相続問題で苦労しないように自分が死んでしまう前に 自分や家族の財産や持ち物を整理しておくことです。残された家族のために、自分の意志をもって、必要なものだけを身近に置いて、余生を楽しむ、それが生前整理です。
  • 空き家管理

    空き家になると、建物の劣化速度が速くなります。「空き家の管理」とは、建物の劣化速度を遅らせるために定期的に空き家に行き、草取りや換気などを行ない、空き家の問題が発生しないような環境作りをすることです。家族や親族が近くにいなく、家を守っていくことが不可能な場合にご案内しております。
  • 空き家解体

    両親が先立った実家、両親の同居に際して誰も住まなくなった実家、住人がいなくなった実家の処分方法を考えるときに浮かぶの「解体」です。手続き等ご相談下さい。
  • ゴミ屋敷整理

    一人暮らしでの高齢者様や病気などでお身体が不自由になってしまった方が、ゴミの搬出・整理などが困難になる場合や、認知症を患い衛生面などの意識が感覚的に薄れてしまい、ゴミが溜まっていきゴミ屋敷となってしまう場合があります。 ゴミが多量に溜まってしまうと害虫の発生や悪臭を放ち近隣のお住まいの方から苦情が寄せられたり、またゴミを放置する事によって火災や漏水、過重による床の損壊の可能性も上がってしまいます。 多量の不用品を処理したり、清掃を行うのはとても大変な作業となります。そいった作業の代行をいたします。
  • 遺品供養

    愛用の品々、思い出の品々、大切な人の大切なものをきちんと供養してお別れできるよう、お手伝いいたします。
  • 遺品買取

    遺品整理後などに出てきた「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取ることができます。一見不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、お見積金額をお伝えします。

クチコミ

10 か月前
西山幸一

事業への思い

ご葬儀の後、お客様から「この家、もう空家になっちゃうんだよね」というお話をよく聞きます。
最初の頃は、アドバイスするための知識として勉強していましたが、そのうちに、お客様のためにもっとお役に立てるのでは、と考え始めました。その思いが強くなり、この事業を始めるに至りました。
一つ一つ、真心を込めて、皆様のお役に立てればうれしいです。どんな事でもご相談ください。

お問い合わせ

お問い合わせ

今すぐ電話
  • 0263-92-6436

住所

ルートを検索
日本
〒3900851 長野県
松本市島内3503

営業時間

月:10時00分~18時00分
火:10時00分~18時00分
水:10時00分~18時00分
木:10時00分~18時00分
金:10時00分~18時00分
土:10時00分~18時00分
日:定休日
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。